オークション会場で変わる最高値

オークションでの相場はどの会場でも一緒なのでしょうか?
全国で多数のオークションが存在しており、地域によって人気車種やその流通量も違いますし、オークションの参加人数や出品台数も影響してきます。また、会員制の正式に古物商許可証を持った中古車販売・買い取り業者だけが参加できるプロのマーケットであり、公正な相場の最高値で取引される印象がありますが、例えば「修復歴の評価基準」等は、オークション会場によって評価点の認識に差があります。

 

例えば、ある部分の状態について「修復歴までには該当しない」となったり「重度の修復ではないが軽い修復歴に該当する」となったりする微妙なケースがあり、それは査定士によって変わります。そして、その結果同じ車でもその微妙な判定の差で10万円も20万円も差がついてしまうのです。
また、各会場の検査員は、1日数十台もの中古車を短時間で査定しますので、見落としやミスも発生するようです。

代行業者が相場変動要因のひとつ

もともと業者だけが参加できる市場なのですが、その中には一般ユーザーの車を買い取りに来るオークション代行業者も参加しており、近年その数は増加傾向にあります。
そのような業者は事前にユーザーと予算を決めて目当ての車を探しに来ていますので、在庫リスクがなく、予算も通常業者が買い取る価格より余裕を持たせています。
落札できないと手数料がもらえない為、最終的には相場を無視した買えるラインまで応札してくるのです。また、売る側もプロの集まりで最高値を目指していますので、そのような雰囲気を感じ取ったときには売値を上げてくることもあり、一層値段がつり上がってゆくのです。

 

代行業者を利用する場合、通常の中古車と比較すると安く入手できますが、整備や点検、清掃などは基本的に購入後に自分で行う必要がありますので、ある程度は予算を見ておく必要があります。
また、実車をみて買い取りするわけではありませんので、状態が若干イメージが違うと感じることも少なくありません。高価な買物になりますので、オークションの利用は、そのリスクを十分理解した上で行う必要があります。
また、逆にユーザーの車を売りに来る代行業者もいます。この場合も同様にいくら以上なら売却すると決めて参加してきますし、当然その時の最高値で売却されますが、設定額が高いと売却できないケースもあります。