中古車オークションとは

中古車の流通ルートの代表的なものにオートオークションがあります。
これは、会員制となっており、正式に古物商許可証を持った中古車販売業者であることが求められ、他の会員の紹介が必要だったり保証金の預託も必要になるなど、一般の参加が非常に難しいものですが、全国の現車会場に幅広い車種が集まり、実際に出品車両を確認できることから、多くの業者が参加する中古車流通の最大のマーケットを形成しています。

 

オークションはセリ形式で進められます。また、会場に衛星専用端末機を使って参加したり、インターネット回線を介しての参加もを可能になっており、PCの画面で直前に相場情報が確認できたり、プロの検査員によって細かく査定された出品車両の査定情報を下見することも可能になっております。
また、中古車を出品した場合には、セリの状況をリアルタイムでチェックすることも可能になっています。

 

中古車の販売業者は、オークションで買い取り、整備・点検やオプションの装着などを行って一般に販売するケースが多いのですが、安く下取りをした車をオークションで売却したり、会場ごとのわずかな値段の差を狙って売買を繰り返す業者もいます。また、在庫の調整でもオークションが利用されています。この様に多くの業者が参加するマーケットが、中古車の査定相場に大きな影響を及ぼしています。

中古車の相場と買い取り額について

中古車の流通相場は1種類ではありません。
残念ながら、中古車を普通にディーラーに下取りに出したり、買い取り店に単純に持ち込んで査定してもらって売るときの中古車の買い取り相場は、最も低いものとなります。
次に低いのは、中古車販売業者が参加するオートオークションで売買されている価格相場です。ここでは、業者が販売して儲けるために車を仕入れるわけですから、利益がでる金額の範囲内ということになります。

 

複数の買い取り店に査定させた場合もこの相場に近いものになります。そして、相場の最も高いのが一般の中古車販売店(特にディーラー系)で車を販売するときの価格相場です。
店頭には、オークションで仕入れた車や、ユーザーから買い取りをした車が展示されますが、整備・点検はもちろん新品のタイヤに交換したりコーティングをしてピカピカに磨いていたり。そして1年間の保証をつけたりと、それぞれの販売店が付加価値をつけて、当然利益も取りますので、買い取りやオークションの相場とは大きく異なります。
それでも個人で買うなら故障は怖いものですし、整備が悪かったり部品が消耗している場合は何十万もの追加費用がかかることも少なくありませんので、安心して買えるお店を探したいものですね。