備品や純正パーツを揃えて最高値の買取に臨む

皆さんが自動車を買う立場になって考えてみてください。ノーマルな車と改造車ならどちらがいいですか?また、オーディオやカーナビ、ETC、その他装備に関してはいかがでしょうか。
普通は出来るだけノーマルのより新車に近い状況で、オーディオやカーナビなどは当然きれいに取り付けてあって、より高価で高性能なものを好むはずです。
高価なエアロパーツ、マフラー、アルミホイールでドレスアップした自動車についても好みは人それぞれですので、ノーマルに戻せることがやはり最高値買取の基本となるでしょう。

 

また、自動車を買取る側としても、出来るだけ早く売却したいですから、万人の好みに近いノーマル・純正装備の方が早く買い手がつきますので、買いやすいと言えるでしょう。高価なパーツを付けたとしても、買取価格は最高値にはならず、かえってノーマルの方が人気があるという厳しい現実があるのです。
ドレスアップ後の純正パーツやアルミホイールは、保管場所に困るので処分してしまうケースも多いようですが、最高値のための大切なアイテムになるので出来る限りとっておきたいものです。

買取査定のときは、すべてノーマルに戻すべきか

自動車の買取査定を依頼するときに、ドレスアップ類はどうすればよいでしょうか。
そのまま査定に出すか、それとも可能な限りノーマルに戻すか。それは、買う側に立って考えてみてください。出来る限りノーマルに近いのは言うまでもありません。
しかし、無理に元に戻そうとしておかしくしてしまっては最悪ですし、元に戻すのにショップに持って行って高価な工賃をかけるのであれば、そのまま査定に出すことをおすすめします。

 

オーディオやパーツ類も取り外しの際に内装に傷などをつけてしまうと査定が下がってしまいます。オーディオ等はもちろんですが、きれいに取り付けられていれば、社外パーツ等も最高値とは言わないまでもそれほど評価は落ちません。
但し、ディーラー純正オプションのパーツ類はプラス評価されるケースもありますので、ぜひそのまま出してアピールしてみてください。自動車をドレスアップするのは楽しいものですが、売却のことを考えるのであれば、出来る限りノーマルで乗ることをおすすめいたします。