買取で最高値が付くのはノーマル車かカスタム車か

車好きの人は、愛車に何らかの手を加えていることが多いですね。簡単なところでは、オーディオやカーナビなどの設備だったりサンルーフやレザーシートなどのメーカーオプションの設備、外装ではタイヤやアルミホイールなどです。
この程度であれば、通常の買取査定時に加点項目としてチェックしてもらえます。
しかし、これ以上の特殊なカスタムは、マニュアル化できない部分も多ため最高値のプラスポイントにならないどころか、マイナス評価につながるケースもあります。好みは人それぞれであり、一般的にはノーマルが好まれるからです。

 

例えば、マフラーやスポイラー等のエアロパーツ、ローダウンなどは嫌われるケースもありますし、純正以外の高価なオーディオなども、通常のオーディオと比較してほとんど上乗せは期待できません。高価なパーツで車にお金をかける場合は、その点も検討しておくとよいでしょう。また、売却時に最高値を目指すには、アルミホイールやマフラー等のパーツ類も、純正のものを売却時まで保管しておくことが必須です。

高価なオプションや装備の買取額への影響

車買取では、一般的にノーマル車の方がカスタム車より好まれ、高価査定が期待できます。
では、オプションはどの程度影響してくるのでしょうか。年式や車両本体の価格帯にもよりますが、オーディオやカーナビについては、設置されていると無い場合と比較して5〜10万円のプラスが期待できます。
アルミホイールは数万円程度です。サンルーフ・レザーシートなどは、より高額の上乗せが期待できます。しかし、査定では装備の有無は見られますが、グレードや元の価格はほとんど評価する仕組みを持っていません。
したがって、オーディオ・カーナビ・アルミホイール・タイヤを数十万円かけて社外品にしても、元のノーマル品の装備からの査定アップは基本的にゼロになります。それらの後付けの装備については、買取時に取り外して別途インターネットオークション等に出品することも可能ですが、取り外しのコストや手間もかかります。

 

後付けのパーツは、高価な消耗品と考えましょう。